米国の一地方都市で特許事務所を経営する米国パテントエージェント兼日本弁理士が日々の業務で体験した事、感じた事を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCP 2.0の話

☆新着情報☆ 新事務所“Nakanishi IP Associates, LLC”開設のお知らせ(完全日本語対応によるきめ細やかなサービスで米国における強い特許の取得をお手伝い致します。)

前回に続き、しつこくAfter Final Consideration Pilot (AFCP) 2.0についての話で恐縮だが、最近、ちょっと不思議な?(と思うのは私だけかもしれないが)経験をしたので、その話をさせていただきたいと思う。

先ず、ちょっとおさらいすると、AFCP2.0とは簡単に言えば以下のような制度である。

従来、Final Office Action (FOA)に対する出願人の応答にクレーム補正が含まれている場合、審査官の対応としては、補正クレームの特許性を判断するにあたり更なる検討及び/又は調査 (further consideration and/or search)
を要すると判断した場合(言い換えれば、その補正が実質的にクレームの技術的な範囲の変更を伴う場合)、審査官は、補正クレームの特許性を検討することなく、裁量でAdvisory Action (拒絶査定の事前通知のようなもの:以下、AA)を発行することができる。そうすると、一般には、出願人の側としてはRequest for Continued Examination(RCE)というかなり高額な手続きを行わざるを得ない。

そこで、FOAに対する応答の際、出願人がAFCP 2.0の申請をすると、審査官は、予め定められた時間内(通常の特許出願の場合は3時間)、応答書面に含まれる補正クレームを従来よりももう少し時間をかけて吟味し、必要なら出願人とインタビューを行う。その結果、追加の先行技術調査等をせずとも、これまでの調査/検討結果に基づき補正クレームに特許性が認められると審査官が判断すれば、特許許可通知 (Notice of Allowance) が発行される。これがAFCP2.0の概要である。

今回、弊職が経験した事というのは、上記AFCP2.0の申請に対し、「今回の応答書面について吟味するのに3時間では時間が足りないので、AFCP2.0の適用は認められず、AAを出させていただきます。」という審査官のコメントと共にAAが発行されたのだ。

米国特許商標庁(USPTO)の審査官は、拒絶理由通知を発行するとか、RCEを申請させるとかいった種々の手続きに対し、評価ポイントが与えられ、それが勤務査定につながるのだとか。

元々、このAFCP2.0は、少し乱暴な言い方かもしれないが、審査官がFOAに対する出願人の応答書面をもう少ししっかり検討すればRCEの申請数が減るはずなので、審査官がそれなりの(まじめな?)検討を行うようモチベーションを上げるために導入されたはずだ。しかし、実際のところ、この制度の下でも、補正クレームに対しNOAを発行するよりもRCEを申請させた方が上記審査官に与えられる評価ポイントは高いのだそうだ。

つまり、AFCP2.0の申請に対し、まじめに3時間分検討し、その結果、NOAを発行した場合、それなりに評価ポイントを得られるし、検討の結果RCEの申請が必要が判断すればもちろん相応の評価ポイントが得られる。しかし、何も考えずにAAを発行し、それで出願人がRCEを申請すれば、現場の審査官にとっては最も手っ取りばやく高い評価ポイントを稼げる。。。という理屈にもなる。

審査官側から今回のような対応を受けると、「結局、楽して評価ポイントを稼ぎたい審査官にとって、AFCP2.0は果たしてどれほどの意味をもつのだろうか?」とか思ってしまうのは、あまりにうがった見方だろうか。まあ、お役所ですから、と言ってしまえばそれまでだが。。。

----------------------------------------------
後日談:

AFCP2.0の実益について所内の米国弁護士たちに聞いて回ったところ、実際には、「AFCP2.0の申請後に結構高い確率で審査官から電話でのコンタクトがあり、これが良い結果をもたらす事も多く、出願人に対し有益な制度として働いている」という意見が優っているように感じた。


にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村
ご閲覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると大変嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
プロフィール

中西康一郎 (Koichiro Nakanishi)

Author:中西康一郎 (Koichiro Nakanishi)
日本の特許事務所、企業知財部勤務の経験を経た後に渡米し、米国の特許法律事務所に8年勤務後、米国テキサス州ヒューストンにおいて、日本企業の米国特許出願代理を専門とする代理人事務所(Nakanishi IP Associates, LLC)を開設しました。2016年5月、事務所を米国カリフォルニア州サクラメントに移転しました。

現在、Nakanishi IP Assocites, LLC 代表

資格:
日本弁理士
米国パテントエージェント

事務所名:Nakanishi IP Associates, LLC
所在地:
6929 Sunrise Blvd. Suite 102D
Citrus Heights, California 95610, USA

Website:
Nakanishi IP Associates, LLC

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。