米国の一地方都市で特許事務所を経営する米国パテントエージェント兼日本弁理士が日々の業務で体験した事、感じた事を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン・ポータル・ドシエ(OPD)照会

 ご存知の方も多いかもしれませんが、日本特許庁のウェブサイト(正確には特許情報プラットフォーム:J-Plat Pat)において、「ワン・ポータル・ドシエ(OPD)照会」というサービスが利用できます。下記のリンク先↓

https://www10.j-platpat.inpit.go.jp/pop/all/popd/POPD_GM101_Top.action

 このシステムを使えば、文献番号から世界各国の特許庁が保有する出願・審査関連情報(ドシエ情報)を照会できる。
 例えば、日本出願の出願番号や公開番号等(他国の出願番号や公開番号等でもOK)を入力すると、日本、韓国、中国、欧州、米国、オーストラリア、カナダの各国における審査状況(包袋)や、PCTの国際段階における国際調査報告書や見解書等の作成状況が一括して閲覧できる(もちろん、公開情報に限られる)。

 下記日本特許庁のウェブサイトでの説明がわかりやすいと思う。

https://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/godai_patent_user.htm


 とてもありがたいのは、日本、韓国、中国での包袋に含まれる各文書の英訳を簡単に入手できる事だ。
 米国出願において、関連出願(ファミリー)の関連情報をIDSとして提供する際、大いに役立つと思う。特に、これまで、英語以外で作成された米国以外のオフィスアクション(拒絶理由通知)の英訳の入手が容易になるのが、場合によってはかなりありがたい。保証はできないけれど、各国の審査情報のシステムへの反映はかなり早いように感じる。

ご興味のある方はお試しください。

以上

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村
ご閲覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると大変嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
プロフィール

中西康一郎 (Koichiro Nakanishi)

Author:中西康一郎 (Koichiro Nakanishi)
日本の特許事務所、企業知財部勤務の経験を経た後に渡米し、米国の特許法律事務所に8年勤務後、米国テキサス州ヒューストンにおいて、日本企業の米国特許出願代理を専門とする代理人事務所(Nakanishi IP Associates, LLC)を開設しました。2016年5月、事務所を米国カリフォルニア州サクラメントに移転しました。

現在、Nakanishi IP Assocites, LLC 代表

資格:
日本弁理士
米国パテントエージェント

事務所名:Nakanishi IP Associates, LLC
所在地:
6929 Sunrise Blvd. Suite 102D
Citrus Heights, California 95610, USA

Website:
Nakanishi IP Associates, LLC

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。