米国の一地方都市で特許事務所を経営する米国パテントエージェント兼日本弁理士が日々の業務で体験した事、感じた事を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCP 2.0 試行期間の再延長(追記)

☆新着情報☆ 新事務所“Nakanishi IP Associates, LLC”開設のお知らせ(完全日本語対応によるきめ細やかなサービスで米国における強い特許の取得をお手伝い致します。)

試行期間がもう1年再延長されたAFCP2.0だが、今回の再延長に際し、運用内容に改善を加えたようだ。

http://www.uspto.gov/patents/init_events/afcp.jsp

最後の拒絶理由通知(Final Office Action:FOA)に対する出願人の応答において、クレームを補正した場合、応答と共にAFCP2.0を申請しておけば、従来に比べ審査官が多少余分な時間を取って補正後のクレームを吟味し、場合によっては審査官の側から積極的にインタビューを要請してくれるというのがAFCP2.0のおおよその内容であり、RCEの申請等により審査が長引く事をできるだけ避けるというのがその趣旨である。

今回の再延長に際して導入されたのが、AFCP 2.0の申請に対し USPTO側から PTO-2323という書面が発行されるというもの。まだ現物を見たことはないが、USPTOの説明によれば、AFCP2.0の申請に対し

確かにこれまでは、AFCP2.0を申請した場合、実際に審査官からコンタクトがあるケースが比較的多く、通常よりも多少時間を取って応答書面を吟味してくれている事自体は、何となく伝わって来るのだが、相変わらず、「余分に時間を取って吟味してはみたけれど、やはり補正後のクレームを審査するにはもっと時間が必要なので、RCEを申請しなさい。」といった趣旨のアドバイザリー(Advisory Action)が返ってくるケースも多く、制度の実効性が今一つ明確でないという印象も拭えなかった。

今回導入されたPTO-2323では、AFCP2.0の申請を受けた審査官が具体的にどのように出願人の応答に対応したのかを書面で明確するというもののようだ。

しかし、今一つしっくりこない話でもある。

そもそも、従来、FOAの発行後に出願人の側がインタビューを申請した場合、これを受けるか否かは審査官に裁量に任されているのに、申請料が無料のAFCP2.0をした場合、制度として、審査官にインタビューを推奨するというのだ。まあ、それは良いとしても、AFCP2.0自体、単に、FOA後のクレーム補正に対し従来よりも多少時間をかけて吟味をするというだけの事なのに、なぜかその取扱いについて審査官に報告書?(PTO-2323)の発行を義務付けるという。

以前にも同じような感想を述べたが、FOAへの出願人の応答書に対する審査官の一律な取扱いを改定するという形で、USPTOの内規の改定として普通にやれば良いことを、わざわざ外部に宣伝しているような。。。気がしないでもない。

もしかすると、将来的には、AFCP2.0申請に基づく取扱いが、FOA後のクレーム補正の取り扱いとして、(特別な申請は必要なく)標準的な審査の流れになるのかもしれない。

AFCP2.0、出願人にとって有益な制度であることは間違いないと思うが、なんだか不思議な制度だ。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村
ご閲覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると大変嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
プロフィール

中西康一郎 (Koichiro Nakanishi)

Author:中西康一郎 (Koichiro Nakanishi)
日本の特許事務所、企業知財部勤務の経験を経た後に渡米し、米国の特許法律事務所に8年勤務後、米国テキサス州ヒューストンにおいて、日本企業の米国特許出願代理を専門とする代理人事務所(Nakanishi IP Associates, LLC)を開設しました。2016年5月、事務所を米国カリフォルニア州サクラメントに移転しました。

現在、Nakanishi IP Assocites, LLC 代表

資格:
日本弁理士
米国パテントエージェント

事務所名:Nakanishi IP Associates, LLC
所在地:
6929 Sunrise Blvd. Suite 102D
Citrus Heights, California 95610, USA

Website:
Nakanishi IP Associates, LLC

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。